: 【就活に疲れた人必見】就活がしんどいと思った時の対処法3選 CLUTCH Times

【就活に疲れた人必見】就活がしんどいと思った時の対処法3選

就活がしんどいと思った時の対処法3選

「就活ってしんどいな」
「内定は欲しいけど、、」
「何個ES出さなきゃだめなんだよ、、」

この記事をご覧の方は上記のような心境になっているのではないでしょうか。就活は長丁場です。周りから就活の大変さを聞いていたとはいえ、いざ直面すると精神的にまいってしまうことも多々あると思います。

しかし、「自分の将来のためにも内定が欲しい!」とは思ってもやはりしんどいものはしんどいです。

そこで今回はそんなしんどい就活を乗り越えるための厳選した方法を3つ紹介したいと思います!

就活がしんどくなる3つの理由

先ほども述べた通り、就活は長丁場です!早い方は大学3年生の春から始めている方もいます。そして、終わるのが4年生の5~8月の間といわれています。
就活の期間はおよそ1年間です!

大学受験の期間とほとんど変わらないですね!しかも自分の一生が関わった1年間です。そりゃ上手くいかなかったらしんどくもなります、、

今回はしんどいと思う時をパターン別にまとめてみました。

「内定がでない!」という精神的な疲れ


「内定がでない」、この状況は就活生にとって最もしんどい状況といっても過言ではないでしょう。
長い人生で見たとき”内定”は決してゴールではありません。

しかし就活生の多くが、その”内定”をゴールにしている人達が多いです。

就活生の中には親から「大企業に受かりなさい!」といったプレッシャーをかけられていたり、どうしても行きたい企業がある人もいるでしょう。その中で選考に落ちるというのは、自分の人生を否定されているような気分になります。

このようにして精神的に追い込まれていく人が多いです。

就活疲労からくる肉体的な疲れ


就活中は普段やらないことを多くやります。それは精神的にだけでなく肉体的にも疲労が表れます。

  • 慣れないスーツでの就活
  • 採用試験のはしご
  • エントリーシートの準備
  • 選考の対策

上記のために睡眠時間を削らなければならない日もあるかもしれません。
とくに採用試験中は常に気を貼り続けなければならないので肉体的な疲労もはかり知れません。
ですので、よく就活が始まると体調を崩してしまう人も多くいます!

「しんどい!」と思ったときに実践してほしい対処法3選

仮説を立てて検証していく


就活がしんどいと思っているときに上手くいっていない理由を考えるのは酷なことだとは思います。
しかし落ちているということは必ず理由が存在します。
その理由を一つ一つ改善していかない限り内定をもらうという段階まではいけません。
選考に落ちるということをそんなに深くシリアスに考え込むというより失敗を活かして次にどうつなげるか、過去の失敗に引きずられるのではなく、未来をよりよくすることに頭を使いましょう。

例えば
ESで毎回落ちるのであれば、ESの内容が悪いのか、またはSPIの結果が悪いのか、もしくはこの両方とも当てはまるか、と仮説を立てることができます。

自分だけでESを書くのが不安であれば、ESに通りまくっている友達などに添削をお願いしてみるのもありでしょう!
SPIが悪いのならば勉強する必要があります!

このように仮説を具体化していくと解決策が必ず見えてきます!この解決策を実践に移していけば必ず受かるようになっていきます!

志望している業界へのこだわりを捨ててみる


自分の志望している業界が自分には向いていないにも関わらず、受け続けている人も多くいます。
そんな時はその志望している業界に本当に行きたいのかもう一度見直すべきでしょう。
もし以下のような理由でその業界を志望しているなら今すぐに考え直した方がいいでしょう!

  • 今の時代ITが重要視されているから。
  • 親がいいっていうから。
  • 安定してるって言われてるから。

これらの理由に共通するのは、主語が”自分”ではないということです!自分がしたいことではなく、周りがいいっていうから何となくその業界を志望していることです。

そりゃ企業側からしたらなんとなくで志望している人は取りたいとは思いません!
でしたら、自分がしたいと思うことを見つけるには何をしたらいいのか、、
それは”自己分析”です!
自己分析の具体的な方法は以下のリンクから見れます。

あまりにもしんどかったらたまには休んじゃおう


先ほども言いましたが、就活の期間はおおよそ1年間あります。この期間休まずに動き続けるなんてどんな鉄人でもさすがに無理です!たまには就活を忘れて自分の趣味に没頭する日を作ることも非常に大事です。

たった1日休んでも、正直言って就活に大きな影響はありません!確かに毎日続けるということは大事です。しかし、無理をしすぎて体調を壊してしまったら休むのは1日どころでは済みません!そう思ったら1日休んだ方が効率いいですよね。

自分の心の中に余裕を作ることで、面接などでの態度や、立ち振る舞いにも表れます。たまには休んで余裕のある就活生活を送りましょう!

まとめ

就活が上手くいかないと不安になる気持ちはよくわかります。しかしそこで自分を追い込みすぎて疲れた顔で選考を受けても余計に不合格の数を増やすだけです。
上記の対処法を行えば常に自分の実力も向上しつつ、リフレッシュされた気分で就活に臨むことができます!

就活を楽しんで最高のキャリアを歩みましょう!


LINE@で『digmee』限定情報配信中!

『digmee×CLUTCH』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 早期選考に向けた面接対策!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 人気ベンチャーの特別選考ルート情報!
友だち追加