【職種紹介】公務員について丸わかり!-業務内容・種類について徹底解説-

キャリコレ公式LINE

みなさんは、将来就きたい職業は決まっていますか?
いざ決めようとなったとき、大きく最初に選択することになるのは公務員を目指すか、民間企業に就職するかの2択をする人が多数だと思います。
公務員は、「安定してるけど仕事内容が退屈そう・・・」「残業が少なそう!」だったり、
民間企業では、「忙しいけどやりがいがある!」「ブラック企業に就職してしまったら・・・」などなど、世間ではこのようなイメージがあると思います。

今回は、公務員に焦点を当て、具体的な気になる情報をまとめました。
どちらで就職しようか悩んでいる人必見です。

公務員とは

公務員とは、国や地方公共団体などの職員として、広く国民に対し平等に働くことを活動目的とし、営利を目的とせず人と社会のために幸せな生活の舞台をつくりだし支える仕事を担う職業です。
また、勤務する機関の違いによって、「国家公務員」と「地方公務員」に大別されます。

主な仕事内容って?

一言に仕事内容といっても、国家公務員、地方公務員の中にもさらに、「特別職」、「一般職」に分けることができ、多種多様な職があります。

国家公務員

  • 特別職
    内閣総理大臣、国務大臣、国会職員、裁判官、自衛隊員など
  • 一般職
    内閣府・各省庁の職員、海上保安官、地方警務官など

国家公務員について詳しく知りたい方は下記の記事をクリック!
国家公務員って?

地方公務員

  • 特別職
    都道府県知事、都道府県議会議員、市町区村長、教育委員会委員など
  • 一般職
    地方公共団体の事務・技術職員、公立学校教員、警察官、消防吏員

このように、身近なところから日本で一人しか就けないところまで、幅広い公務員が存在しています。
地方公務員について詳しく知りたい方は下記の記事をクリック!
どうやったら地方公務員になれるの?

気になる年収は・・・

公務員は年功序列であり、勤続年数を重ねていくと給料は上がっていきます。
公務員の給料は俸給表というものに準じており、1年ごとに俸給表が一定の水準上がるようになっています。
基本的には、仕事の出来不出来に関係なくどの職員も同じ割合だけ給料が上がるので、仕事ができなくてもそこまで給料に差はつきません。(ボーナスでは関係します。)
また、国民の不平不満が出ないよう、公務員の給料は民間と同じくらいのレベルになるように設定されています。
では、気になる実際の年収はいくらでしょうか。

国家公務員の平均年収:686万円
地方公務員の平均年収:633万円 (平均年齢43.3歳)

この数字だけを見ると、一見公務員の給料は高いように感じるかもしれませんが、年齢や職種を全て平均化されているため、先述の通り職種によって変わってきます。
所属し続ければ安定した収入を得られるので、この点が大きなメリットと言えるでしょう。

どんな人が向いているの?

  • 社会や人の役に立ちたい人
  • 国や地域をよりよく発展させたい人
  • 地域住民に寄り添って頑張れる人
  • 長期的な仕事にまじめにコツコツ取り組める人

民間企業とは違い、利潤を追い求めることを目的とせず、人や社会のために働く職業であるため、上記2つに当てはまる人は公務員に向いています。それに伴い、特に地方公務員は地域の住民や活動に密接に関わることも多いため、様々に声に素直に耳を傾ける姿勢も必要とされます。また、若いうちは裁量や給料も少ないため、それでも腐らず地道にコツコツ頑張れる人が適性があると言えるでしょう。

さいごに

いかがでしたか。「公務員」についてイメージは固まったでしょうか。
将来に悩んでいる就活真っ只中の学生さんでしたら、公務員か民間企業かの選択の判断材料になっていただけたら幸いです。

 

関連記事

LINE@で『CLUTCH』限定情報配信中!

『CLUTCH』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!
友だち追加